社章の作成工程

工程名 説明
1 社章デザイン 仕様の決定
社章デザイン 仕様の決定
入稿データがある場合はデザインデータを頂き、無い場合は弊社からデザイン提案を差し上げます。
提案進行の場合、担当営業からのヒアリングやデザイン修正などを経てご希望のデザインへまとめあげます。
ご要望をいただいてから概ね一両日中にデザイン提案をさせていただきます。
2 版下 原版作成
社章版下 原版作成
彫刻金型作成の為の下準備です。
デザインデータより、版下を作成します。
その版下を元にエッチング(腐食)の原版を作ります。
データより直接、立体原版を作る事も可能です。その場合、版下は不要となります。
3 彫刻金型作成(打ち型)
社章の彫刻金型作成
デザイン原版を元に鉄の土台に、模様出し用の金型を彫刻していきます。
放電加工機で作る時もあります。
社章デザインの大半のイメージはこの段階の彫刻の良し悪しで決まります。
4 彫刻金型焼入れ
社章の彫刻金型焼入れ
彫刻の終わった鉄の土台を1日かけて焼入れし、その後使い易い硬度まで焼き戻します。
5 トリミング金型作成(抜き型)
社章のトリミング金型作成
彫刻金型の外形に合わせて抜き型を作成します。
穴あけやスカシ(中抜き)が必要な場合、そのぞれの抜き型も作成します。
6 材料選定 切断
社章生地の材料選定 切断
社章の大きさ、厚さ、模様の深さ、広さなどに合わせて、材料の寸法を決定します。
例えば、1ミリの材料を使えば1ミリに出来上がるかというと、そうならないのがフリクションプレスの難しいところです。
正直、やってみないとわからない?っていう製品もあります。
7 フリクションプレス 型打ち
フリクションプレスで社章成型
焼入れの済んだ彫刻金型をフリクションプレスに取り付けて、金型の模様の上に材料を置きプレスすると、反転した模様が材料に写ります。
8 外形抜き
社章の外形抜き
前工程の型打ちで出た余計な部分(チリ)を、抜き型にはめ込みトリミングします。
穴あけやスカシ(中抜き)がある場合もこの段階で行います。
9 表面処理
社章を仕上げる
メッキ、バフ、七宝、色入れなどのさまざまな表面処理によって仕上げます。
10 検査 発送 納品
社章を検品
各工程で行われる目視や採寸による製品検査に加え、仕上りの最終的なチェックをおこないます。
発注から納品までのリードタイムは平均約2~3週間です。(数量、仕上げなどにより異なります)
お急ぎの場合は個別に対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

お電話やメールなど、お気軽にお問合せ下さい。

社章製作のお問い合わせ

(有)青谷製作所
TEL:03-3268-5425 / FAX:03-3268-5426 / MAIL:aotani@syasyou.com
お気軽にお問い合わせください。担当 川合
定休日 日曜 祝日 / 第1・第3・第5土曜
社章短納期の実績多数有り!ご相談ください。工場ならではのスピードで対応します!!
※社章製作所は(有)青谷製作所 の社章作成専門サイトです。

このページの先頭へ