仕上げの違いで変わる社章の印象

社章はデザイン仕上げの組み合わせにより、様々な個性を表現します。
メッキのみの「スタンダード」なもの、コーポレートカラーを入れる「カラー」や、格式や伝統を重んじる「伝統」仕上げ、をご紹介いたします。
※デザインによって見た目が変わりますので仕上げの参考にお役立て下さい。

tag_金色メッキ
tag_銀色メッキ
tag_金銀コンビ
tag_色入れ
tag_盛りエポ
tag_研ぎエポ
tag_いぶし
tag_ダムシン
tag_七宝
tag_石入れ

※上記タグから各仕上げにすばやく移動できます。

■金色メッキ(コントラスト仕上げ)

金色メッキ(コントラスト仕上げ)_01
金色メッキ(コントラスト仕上げ)_02
金色メッキ(コントラスト仕上げ)_03
金色メッキ(コントラスト仕上げ)_04

ベーシックな仕上げ方法の金色メッキ。
凸部を鏡面に「バフ研磨」で磨き上げ、凹部をつや消しの「ブラスト処理」することにより、
同じ金メッキでも光沢とツヤ消しのコントラストがハッキリ出ます。
ゴールドの陰影により高級感のある社章に仕上ります。
比較的高い年齢層に好まれ、銀色メッキよりも高級感があり、役職分けをする場合は高位にあたり重厚。

動画での説明はコチラから!!

■銀色メッキ(コントラスト仕上げ)

銀色メッキ(コントラスト仕上げ)_01
銀色メッキ(コントラスト仕上げ)_02
銀色メッキ(コントラスト仕上げ)_03
銀色メッキ(コントラスト仕上げ)_04

シンプルな仕上げ方法の銀色メッキ。
金メッキ同様の研磨×ブラスト仕上げで、光沢とツヤ消しのコントラストがハッキリ出ます。
シルバーの陰影による上品な仕上がりの社章が出来上がります。
若年層に好まれ、金色メッキよりもシンプルで、役職分けをする場合は低位にあたり軽快。

動画での説明はコチラから!!

■金銀挿し分けメッキ仕上げ(コンビ)

金銀挿し分けメッキ仕上げ(コンビ)_01
金銀挿し分けメッキ仕上げ(コンビ)_02
金銀挿し分けメッキ仕上げ(コンビ)_03
金銀挿し分けメッキ仕上げ(コンビ)_04

金と銀のメッキに挿し分けたこだわりの仕上げ。
華やかで高級感にあふれ、威厳のある社章に仕上ります。
重役クラスの社章として作られることが多い加工で、社章生地に「ブラスト処理」「バフ研磨」等の下処理を施した後、金・銀色2色のメッキを付けます。
役職分けをする際には最高位におかれ、金・銀・コンビの3段階を引き締める役割を果たします。

動画での説明はコチラから!!

■色入れ仕上げ

色入れ仕上げ_01
色入れ仕上げ_02
色入れ仕上げ_03
色入れ仕上げ_04

社章の彩りを鮮やかにする為に凹部分に色を入れます。
コーポレートカラーなどを表現する場合にお勧めの仕上げ方法。
色の再現性が高く、細かい色指定での多色表現も可能。
文字やデザインの切れ目を凸(金属地)の壁で囲み色が混ざらない様境界線をつくります。
鮮やかな多色表現で、ピンバッジのような軽快で華やかな製品に仕上がります。

動画での説明はコチラから!!

■盛りエポ仕上げ(ポッティング)

盛りエポ仕上げ(ポッティング)_01
盛りエポ仕上げ(ポッティング)_02
盛りエポ仕上げ(ポッティング)_03
盛りエポ仕上げ(ポッティング)_04

盛りエポ仕上げ(ポッティング)は、色入れ後にエポキシ樹脂を盛り付けた厚みと奥ゆきのある仕上げ。
色入れ表面にドーム状に盛り付けられた樹脂が、ベースのロゴを浮き立たせて立体的な陰影を作り出します。
透明樹脂のレンズ効果がデザインに奥ゆきを加え、表情のある特徴的な社章に仕上がります。
樹脂部分の厚みが加わり、シンプルなデザインをいかしたまま個性を加えるのに最適です。

動画での説明はコチラから!!

■研ぎエポ仕上げ

研ぎエポ仕上げ_01
研ぎエポ仕上げ_02
研ぎエポ仕上げ_03
研ぎエポ仕上げ_04

研ぎエポ仕上げは、色入れに一手間加えた高級仕上げ。
研ぎ出したフラットな表面に、色が引き立つ綺麗な仕上がりになります。
凹面に色を入れて研ぎ出す工程が入るので、表面がフラットに仕上り、コーポレートカラーの表現に最適です。
色の自由度が高いので、細かな色指定が可能です。
研ぎ出し、磨き上げられた社章には洗練された美しさと高級感が有ります。

動画での説明はコチラから!!

■いぶし仕上げ(アンティーク)

いぶし仕上げ(アンティーク)_01
いぶし仕上げ(アンティーク)_02
いぶし仕上げ(アンティーク)_03
いぶし仕上げ(アンティーク)_04

「いぶし」は重厚感のある人気の仕上げ方法。
アンティークな風合いの仕上げ方法で、会社の歴史や風格を感じさせる社章に仕上ります。
下地に各メッキ処理を施した後、表面を硫化反応で黒く変色させ、反応変色部分が全て取れない程度の強さで磨きあげます。
凸部分がより強く磨かれて下地のメッキ色が剥き出し、凹部にまんべんなく硫化の黒が残ります。
※全て職人による手剥きの作業の為、多少の個体差があります。

動画での説明はコチラから!!

■ダムシン仕上げ

ダムシン仕上げ_01
ダムシン仕上げ_02
ダムシン仕上げ_03
ダムシン仕上げ_04

下地を黒くする事で凸部を浮き出させ、ロゴをハッキリ強調させた社章になります。
艶消しの黒が社章を引き締め、落ち着いた雰囲気のある仕上がりになります。
本来のダムシンとは伝統工芸の「象嵌」のことで、金や木材などの異素材同士をはめ込み、漆を塗って研ぎ出すという手間のかかる技法です。
現在では黒色の見た目を似せた焼き付け黒塗装による製法が「ダムシン仕上げ」の一般的な工法です。

動画での説明はコチラから!!

■七宝仕上げ

七宝仕上げ_01
七宝仕上げ_02
七宝仕上げ_03
七宝仕上げ_04

社章の仕上げで欠かせない七宝仕上げ。
伝統ある仕上がりは七宝特有の透明感のある味わいがあります。
色入れや研ぎエポに比べて色数の制限はありますが、その趣は昔と変わる事はありません。
「七宝の種」と呼ばれるガラスの粉を社章生地にガラス溶解温度で焼き付け、その後余分なガラス部分を研磨しメッキ処理を行います。
今でも多くの企業様で愛用されている伝統ある仕上げ方法で、七宝ならではの味わいのある社章に仕上ります。

動画での説明はコチラから!!

■石入れ(スワロフスキー)

石入れ(スワロフスキー)_01
石入れ(スワロフスキー)_02
石入れ(スワロフスキー)_03
石入れ(スワロフスキー)_04

社章本体に凹みを付け、石(スワロフスキー)を接着にて取り付けます。
スワロフスキーをつけることにより他の仕上げ方法とは違った華やかさが演出できます。
主にメッキコントラスト仕上げで使われる事が多く、
ワンポイントでさりげなく、全体に敷き詰めてゴージャスに、カラーごとで階級分けなど、
デザインによってスワロフスキーの数や大きさ、カラーなど自由に選べます。

石入れ(スワロフスキー)の詳細はこちら


お電話やメールなど、お気軽にお問合せ下さい。

社章製作のお問い合わせ
社章製作 ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お電話 03-3268-5425 FAX:03-3268-5426
MAIL:aotani@syasyou.com 
定休日 日曜 祝日 / 第1・第3・第5土曜
社章の追加・リピート注文について

追加・リピート注文の際には、コチラのフォームに必要事項を記入していただくと、簡単にご注文ができます。

追加注文はこちら

このページの先頭へ